固定表示スペース

お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


夏山合宿【瑞牆山&金峰山】2016/08/01~08/03

奥秩父にある瑞牆山と金峰山へ!


瑞牆山はまさに“岩の山”! 花崗岩でできた大きな岩をどんどん登ります。

夏山16

夏山16
<瑞牆山山頂2230m>


翌日、3時起床。食事を取り、5時に出発です。

夏山16

夏山16

夏山16

夏山16
巨大な五畳岩

夏山16

夏山16
<金峰山山頂 2599m>

夏山16

夏山16
あいにくの悪天でしたが、落ちついて行動し、無事に下山しました。

テントや食料が入った20kg近い荷物を背負っての登山でしたが、
互いに声をかけ合いながら、己に屈せずに歩くことができました。
精神的な成長が見られた合宿でした。

yasui
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

送別山行 【三方分山】 2015/02/01

3年生の送別山行を行いました。
3年生7人、2年生6人、1年生6人、顧問4人の計23人での登山でした。

部員たちは、冬の登山の経験はありますが、雪山は初体験。
「楽しかった」との声あれば、「もう二度と雪山には行きたくない」との声もあり・・・・・・。

今回の一番の見所はパノラマ台から見た富士山でした。
全員が歓喜の声をあげたでしょう。想像を遥に超えた絶景でした。
下に写真を載せていますので、ぜひご覧ください。


▼07:15 新宿駅集合
新宿駅は同じ雪山でも「ゲレンデ」に向かう若者(大学生多し)でにぎわっていました。
もっと若い私たち高校生は、リフトで山頂へ!ではなく、歩いて山頂を目指します。渋いねぇ~

▼07:30 新宿駅発
あずさ3号に乗って大月駅へ。
大月駅からは富士急行線で河口湖駅へ行きます。

▼09:30 河口湖駅着
送別山行15


▼09:45 河口湖駅発
貸切バスに乗って、精進湖の畔の登山口まで連れて行ってもらいます。
送別山行15
すでに大きな富士山が!


▼10:15 精進湖着
送別山行15

気温は氷点下。とにかく寒いです! 
湖も半分凍結していて、わかさぎ釣りを楽しむ小船がたくさん浮いていました。


▼10:30 登山開始
送別山行15
歩けばきっと熱くなるはず。
さぁ、張り切って出発です!

送別山行15
ザクッザクッ、と一歩一歩雪を踏みしめます。

▼11:15 女坂峠(阿難坂)
送別山行15
ここで休憩です。
立ち止まるととたんに体が冷えます。上着を重ねて体温調節。

▼11:30 女坂峠発
送別山行15
急坂を登ったり、下ったり。
雪が融け固まり、つるつると滑るので、みんな恐る恐る下っています。


▼12:15 【三方分山 1422M】着
送別山行15
ここでお昼休憩です。

水を飲もうとしたら、なんと、凍っていました。
お弁当も冷えっひえでしたが、保温ポットに入れてきたお味噌汁のおかげで、幸せな時間を過ごせました。はふぅ

山頂からきれいに見える富士山。
送別山行15

富士山の山頂周辺はもやもや~っとしています。
きっとすごく吹雪いているのでしょうね。
送別山行15


山頂でたっぷり休憩!・・・しすぎました。
なぜこんなに時間がかかってしまったのかというと、
アイゼンをつけていなかった部員がアイゼンを装着するのに、一苦労も二苦労もしたため。
新しいアイゼンだったので、ゴムが伸びず着けにくかったですね。直に慣れますよ。

▼13:15 下山開始
山頂よりも富士山がきれいに見られるという、「パノラマ台」を目指します。

▼13:45 精進峠
送別山行15

▼14:45 根子峠

▼15:00 パノラマ台 着
びっくりしました!!!
想像を遥に超えたパ・ノ・ラ・マ!
富士山を遮るものが何もなく、富士山の秀麗な姿と裾に広がる広大な樹海。

送別山行15
写真には納まりません!誰かに見せたい景色とは、このようなものを言うのでしょう。
ぜひ生で見ていただきたい。


山頂で集合写真をパチリ。
送別山行15


▼15:15 下山開始
根子峠経由でふたたび精進湖へ。

▼15:55 精進湖着
あっと言う間に下山することができました。
この後、アイゼンを着脱するのにまたまた苦労する部員たちでありました。

▼16:50 河口湖駅着
ここで解散です。
3年生と最後の登山が終わってしまいました。今回来れなかった部員も多くいたので、惜しいです。
またいつか一緒に登山ができますように。


おつかれさまでした!



(nishihara)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

もうすぐ岩倉祭!

いよいよ今週の27日(土)28日(日)は岩倉祭です!

山岳ワンゲル部も展示を行いますので、ぜひいらしてください。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏山合宿最終日 甲府は暑いぜ 2014/7/31

いよいよ、夏山合宿最終日となりました。

▽4時00分 起床・朝食
いつもより遅めの朝ごはんです。本日もうどん!

▽6時00分 撤収作業

バスが来るまでのんびり待ちましょう。

夏山合宿4日目14
部員が見晴台から見える北岳の写真を撮ってきてくれました。
きゅっと鋭い山容が美しいですね。
去年はみんなであの頂に居たのだと思うと、胸が熱くなります。
北岳に登ったときは霧がとても濃くて、寒かったですよね。

▽7時25分 北沢峠発
これからバスに乗って甲府まで帰ります。

▽8時15分 奈良田温泉で乗り換え

▽11時00分 甲府着・解散
涼しかった北沢峠に比べ、甲府はむんむんと暑かったです。さすが盆地。

夏山合宿4日目14
甲府駅で解散です。
4日間の夏山合宿おつかれさまでした!
もっと体力をつけて、次の秋山合宿に備えましょう。

----------
夏山合宿 【南アルプス】 2014/7/28~7/31
夏山合宿1日目 南アルプスへGO 2014/7/28
夏山合宿2日目 【仙丈ケ岳】 2014/7/29
夏山合宿3日目 【甲斐駒ケ岳】 2014/7/30
★夏山合宿最終日 甲府は暑いぜ 2014/7/31(現在の記事です)


nishihara
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏山合宿3日目 【甲斐駒ケ岳】 2014/7/30

本日は昨年度山頂まで行くことができなかった、甲斐駒ケ岳に再び挑戦します。
昨年度は広河原をベースキャンプとしていたため、時間に余裕がありませんでしたが、今年は北沢峠をベースキャンプにしているので、きっと山頂に立つことができるでしょう。

----------
【甲斐駒ケ岳(かいこまがたけ)】
南アルプス北端の山梨県北杜市と長野県伊那市にまたがる標高2,967 mの山。
峻険な山容をもち、半ば独立峰のような姿勢で屹立する日本アルプス屈指の名峰で、
《日本百名山》、《新日本百名山》、《新・花の百名山》、《山梨百名山》、《日本百景》に選定されている。
火成岩である花崗岩から成るため、遠くから見ると雪と見間違えてしまうほど山肌が白い。
⇒詳しくはこちらをご覧ください。
----------

▽3時00分 起床・朝食
夏山合宿3日目14
今日の朝食はうどんです

▽5時00分 北沢峠発

▽5時25分 仙水小屋通過

夏山合宿3日目14
大きな岩がゴロゴロと並んでいます

▽6時00分 仙水峠

夏山合宿3日目14
駒津峰までは急登が続きます

夏山合宿3日目14
山々が連なっているのが遠くまで見えます

▽7時35分 駒津峰
夏山合宿3日目14

夏山合宿3日目14
目指すはあの頂!とても遠く感じますが、あと2時間でたどり着くはずです。

夏山合宿3日目14
富士山がきれいに見えます

夏山合宿3日目14
岩場の上り下りが続きます

夏山合宿3日目14

夏山合宿3日目14
六方石 迫力満点

8合目を過ぎると、急に木々がなくなり、白い世界へと変わります。
夏山合宿3日目14

夏山合宿3日目14

夏山合宿3日目14

夏山合宿3日目14

夏山合宿3日目14
あと少し!

▽9時35分 ▲甲斐駒ケ岳(2967M)山頂
ついに山頂へたどり着きました!
夏山合宿3日目14

夏山合宿3日目14

夏山合宿3日目14
気圧が低いので、袋がパンパンです


▽10時20分 山頂発

▽11時25分 摩利支天着
団体の登山者が多く、山頂付近は渋滞していました。
予定の倍近く時間がかかりましたが、やっと摩利支天に来ることができました。
夏山合宿3日目14
 

夏山合宿3日目14
摩利支天から見る駒ケ岳はまた表情が違います

夏山合宿3日目14

▽12時25分 駒津峰

復路は二子山を経由していきます。
夏山合宿3日目14
長く続くガレ場

▽13時25分 二子山

▽14時30分 ベースキャンプ着
夏山合宿3日目14
今日も最後まで良い天気に恵まれました

▽16時00分 夕食
至福の時。今晩はパスタです。たくさん歩いた後の食事は一層美味しく感じます。
夏山合宿3日目14

▽19時00分 就寝

夏山合宿での登山はこれにて終了。
明日は北沢峠からバスで麓へと降りていきます。

----------
夏山合宿 【南アルプス】 2014/7/28~7/31
夏山合宿1日目 南アルプスへGO 2014/7/28
夏山合宿2日目 【仙丈ケ岳】 2014/7/29
★夏山合宿3日目 【甲斐駒ケ岳】 2014/7/30(現在の記事です)
夏山合宿最終日 甲府は暑いぜ 2014/7/31



nishihara


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)